FC2ブログ

図書館 トイエリフィア

A-QueeNのブログ「トイエリフィア」です。アフィリエイトちゅう。稼がない稼げないアフィリエイターNO.1になればいいんじゃないかって最近思ってる。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/--  ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

図書館

自分の知っている場所以外の図書館に行ってみたら、
新しい発見があるものだ。

自分自身が利用できる図書館以外って、
利用することが少ない。

在勤、在学、在住のどれかに当てはまらなければ、
利用できないっていうのが多いのでは。

私が通っていた学校では一部のマンガの本も、
入れてあったりしたけれど、自分の利用する図書館は
置いてはいない。

これが一般的なんだな~と思ったら、
今日行ってきたところは置いてあった。
それだけではない。
国が出しているCDやビデオ以外の
アニメーションや映画のLDが置いてあったり・・・
「著作権の範囲内・・・」というけれど

範囲内ってどのくらいだ!?って思うほどびっくりした。
コピーも結局どこまでいいのかってよくわからないけど。

図書館全てが均等に扱われているのか否かって問題かも。
偉い人の一声でって場合もあるけれど、

基本は、「利用者の声」にかかっているのが一般的。
国が支えてると違うってことかな。まあ、どのような支えのもと、
運営されているのかまでは調べませんけどね・・・。

一番悔しいのは、これは!!って思った本を借りることができないこと。
在住でも在勤でも在学でもないためです。

自分が利用する図書館はこんな感じだよ!って
教えてくれる人募集です。いたらいいなぁ。

図書館にもいろんな顔があって、どのように運営していくかで
その図書館の色が出てきます。今日行ってきたところは、
安定した感じに本があって、700台(美術、音楽など芸術系)が
特に充実してるような気がした。

私がいつも利用しているところは900台(日本文学とか)
けど、複数ある図書館のうちでは700台が充実しているので
700をよく見に行く。次に行く図書館は児童書や児童文学かな。

同じ系統の図書館が複数より、ちがう色の図書館があって
利用しやすければいいのにな。どこかしら特化してるものがあるってやつ。

雑誌も同じのがかぶらないようにすれば、幅広く色んな雑誌が読めるのに。

「広域」として借りることもできなくて残念だったけど、
またいけばいいことだね!1日見てると面白いこともある。


手塚治のキャラ図鑑一冊で三時間は潰せたしね。
[ 2010/04/15  ] 記事倉庫 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
MicroAd(マイクロアド)
楽天ぴたっとアド
利用中のパーツ



  • seo




  1. 無料アクセス解析
Ferretアクセス解析